初めてのお客様へ


暖炉のある家って大切な人との絆を深めるって知ってましたか?

暖炉をインテリア活用する方法

日本には四季があります。季節に合わせてファッションを変えるように、自宅のインテリアも季節ごとに変えて、季節感を楽しみたいですよね。
寒い季節になると、エアコンやヒーターなどが活躍しますが、今年は『暖炉』を設置してみませんか??

部屋を暖かくするだけではなく、暖炉の炎には、エアコンやヒーターにはない機能があるのです。
それは、癒し効果です。

ある技術研究所にて実験がありました。
暖炉のあるリビングとないリビングで女子大生と主婦が一緒に過ごした結果、暖炉があるリビングだと、

・二人の距離が縮まる
・会話中に暖炉を見る回数が多い
・相手の話にうなずく回数が増え、会話が途切れる時間が減る


つまり、暖炉がある部屋はリラックスができ、親近感が増しコミュニケーションが円滑に進みます。
家族や大切な方と一緒に過ごすリビングや寝室に設置するだけで、今よりももっと絆が深めるインテリアになるのです。

でも、暖炉を設置するとなると、
工事にいくらお金かかるの?
火事の心配はないの?
薪はどこから買えばいいの?
手入れの方法は?
マンションだけど、煙突つける工事なんてできるの?

など、手間もお金も必要になります。

そこでおすすめなのが、『暖炉型電気ストーブ』です。
これなら、工事不要・火事の心配不要・面倒な手入れ不要と、本物の暖炉を設置する場合と比べると手間もお金も少なくてすみます。

暖炉型電気ストーブを設置するなら、部屋のサイズに合うものを選べばいいだけです。
最近では技術やデザインが進化し、日本の住宅でも場所を取らないスリムタイプの暖炉も販売しているので、部屋が広くなくても設置することができます。

暖炉を選ぶポイント

1.部屋のサイズに合うもの
おしゃれなインテリアとしても効果を発揮しますが、『部屋を暖める』という本来の役割も大切にしないといけません。
部屋のサイズを測り、暖める為に必要な電気ストーブのタイプを把握しましょう。

2.インテリアスタイルを決める
「アメリカンスタイル」「イングリッシュスタイル」「モダン」「北欧スタイル」「和風スタイル」など、部屋のインテリアに合ったものを選びましょう。